MENU

facebookinstagram
TEL 0120803134

受付時間 9:00~20:00 日曜定休日

facebookinstagram

学校ブログ

2019/02/05

寿司職人として海外で就職(ロンドン) お知らせ

GINZA ONODERA鮨アカデミーを運営している「銀座おのでら」の直営店の1つであるロンドン店では、当校を卒業後、ワーキングホリデーを利用して働いて頂ける方もお待ちしております!

そこで今回は、

「銀座おのでら」のロンドン店でワーキングホリデー期間中にアルバイトし、その後、「銀座おのでら」が就労ビザをサポートして現在も活躍している女性をご紹介させて頂きます。

・自己紹介(日本でのご経験)

工藤綾子です。ロンドンに来て4年目です。日本では管理栄養士として7年間病院で働いていました。



・なぜワーホリで海外に来たかったのか?  

学生の頃、仲の良いバイト仲間が1年間カナダにワーホリで留学しており、その時にその子から聞いた話がとても楽しそうで刺激的で印象的に残っており、私もいつかは行ってみたいとずっと思っていました。日本ではできない経験をしてみたかったのだと思います。


・なぜロンドンだったのか?ロンドンの魅力は?

最初はカナダのワーホリを1年経てから、もう少し英語の勉強と海外生活をしてみたく、ロンドンに来ました。正直にいうと最初はロンドンに対してのイメージがあまりわかなかったのですが、イギリスは他国のワーホリと違い2年間滞在できるということ、やはりきちんとしたイギリス英語を学べるという点、マルチカルチャーであるのでいろいろな人と出会えるという点、そしてヨーロッパのいろいろな他の国へ旅行しやすいのではないかという印象で、渡英を決めました。



・実際来てみてどうだったか?(得たもの、苦労など)

ロンドンにはたくさんのエンターテイメント(ミュージカル、アート、音楽、マーケットなど)が身近にあり、とても刺激をもらえる場所です。マルチカルチャーであり、移民も多いので、いろいろな国の人々や食文化と出会えます。イギリスはご飯が美味しくないというのはまったくの間違いでした

また冬に来てしまったので、最初はどんよりとした天気や夕方4時には真っ暗になってしまうことに、なかなか慣れなかったのですが、夏は本当に天気が良く、夜も10時頃まで明るく過ごしやすいです。大都会ではありますが、街中に落ち着ける自然溢れる公園がたくさんあるのも魅力の一つではないかと思います。ロンドンの人々は、夏になると公園で読書をしたりお酒を飲んだりそれぞれの過ごし方をしています。また、パブ文化であり、ビールが種類豊富でとても美味しいです。そして、やはりヨーロッパの他国へ2、3日あれば気軽に安く旅行にいけることは、大きな魅力ではないかと思います。他国の本場の料理も実際食べて学ぶことができました。

また、ロンドンの人々は適度にお互いに良い距離を保ちつつも(干渉し過ぎない)、必要な時はスマートに助け合えるようなイメージ(スーツケースやベビーカーを運ぶのを手伝うなど)で、とても優しく住みやすいです。こちらの人は仕事をする時はしっかりとして、休みやホリデーも大事にするというメリハリのある生活を送っているので、お休みはしっかりと取れ、長期の旅行にも行きやすいです。


・なぜ「銀座おのでら」でアルバイトなのか?

シェフとしての経験はなかったのですが、管理栄養士として日本で働いていたときから料理をすることは大好きだったので、本格的な日本食を学べる良いチャンスだと思い、アルバイトすることを決めました。また、大きな会社であるので、いろいろな制度などもきちんとしているイメージでした。


・現在のやりがい、苦労すること

私もまだまだ寿司を学び始めたばかりですが、私の作ったものをお客様が喜ばれて召し上がっていただけているのを見ることが一番のやり甲斐です。

現在ロンドン店には日本人のシェフはほとんどいないのですが、外国人のスタッフに日本食の細かいニュアンスを伝えることが大変なこともありますが、彼らも一生懸命理解しようとしてくれます。一緒に良いものを作り上げられた時は本当にやりがいを感じます。



・「銀座おのでら」ロンドン店で働くメリット

ロンドン店では日本食でありながらも、ヨーロピアンのお客様に合った味付けや盛り付けが学べると思います。また、他のおのでらの店舗と違い、寿司はもちろん鉄板焼き、炉端、天ぷらなどのセクションがある大型店舗になります。たくさんの国籍のスタッフが働いているので、時には自分では考えつかないアイディアの料理などが参考になることも多々あります。

ロンドン店の料理長は、経験が無くてもどんどん実践して慣れることが大事という実践優先の考えをお持ちなので、経験があるないに関わらず、本当にやりたいと思えばどんどんトライさせてくれると思います。

また、ロンドンはニューヨークなどに比べると、まだまだ江戸前寿司のレストランは少ないので、その素晴らしさや歴史を、私たち銀座おのでらからお客様に広められるチャンスではないかと思います。


・なぜ就労ビザに切り替えたのか?

銀座おのでらで仕事を始めて、日本食の奥の深さに魅了されて、もっともっと学びたい、技術を磨きたいという気持ちが大きくなりました。とにかくこの仕事が大好きだったのです。そんな時に就労ビザに切り替えてくださるというお話をいただきました。


・将来の目標

今はまだ、寿司カウンターでは無くキッチンにて寿司を握っているのですが、もっともっと知識や技術を磨き、接客に関することも学び、将来的には寿司カウンターでお客様を目の前に、お寿司を提供することが現在の将来の目標です。



・ワーホリを検討している方にメッセージ

私は現在ロンドンに住んで4年目になりますが、人も優しく多様性に溢れ、たくさん刺激をもらえるロンドンが大好きです。

ロンドンで寿司職人というとあまりイメージが湧かないかもしれませんが、こちらに来てみての私の感想としては、ヨーロッパの人々は本当にお寿司が大好きだということ。そんな彼らにぜひ一緒に銀座おのでらから江戸前寿司の魅力を伝えましょう!