MENU

facebookinstagram
facebookinstagram

学校ブログ

2018/01/19

カリキュラム(アジ) 授業風景

◆カリキュラム(アジ)◆


今回のGINZA ONODERA鮨アカデミーカリキュラムでご紹介させて頂くのは「アジ」です。



江戸前鮨の中で、光り物では「コハダ」と並ぶ代表格の「アジ」!

旬は夏ですが年間通しても美味しく食べることができ、様々な調理に使うことの出来るので

幅広い年齢層に人気の魚です。

名前の由来は味が良いことから「アジ」と呼ばれるようになったという説もあります。

学校のカリキュラムには度々登場してくる魚です。



仕込みの際に注意するポイントの1つとして「ゼイゴ」の処理があります。

ゼイゴとは尾の両側にあるトゲトゲの部分です。

包丁で取る際に、下手に残すと後々の仕込みに支障が出てきます。

かといって取りすぎると身も一緒に削いでしまうので上手く処理が出来るよう学校では反復練習を行います!



仕込みが終わったら今回も握りの練習を行います。



 

GINZA ONODERA鮨アカデミーでは、学校卒業後「寿司」を通じて自身の夢を実現させたい方を全力でサポートさせて頂きます!

まずはお気軽にお問合せ下さい。!