MENU

facebookinstagram
facebookinstagram

学校ブログ

2018/02/25

カリキュラム(サバ) 授業風景

◆カリキュラム(サバ)◆


今回GINZA ONODERA鮨アカデミーのカリキュラム紹介は「サバ」です!



マグロやアジなどと並び、世界的に消費量の多い魚です。

一般的には焼き魚や煮魚として食べられますが、お寿司では「しめさば」「なれ鮨」として多く食べられます。

「胡麻さば」のように郷土料理も各地にあるほか、サバの味噌煮など缶詰にされる場合も。

もともとは生で食べるのはアニサキスなどの寄生虫や食中毒を避けるためにタブーとされてきましたが、「関サバ」などのブランドサバ、生育管理された養殖サバは刺身で食べるケースも出てきました。



今回も一人一人、まるの状態でサバを捌きからお酢の加減などお寿司になるまでを先生から教わりました。



2ヶ月目のテスト期間も終了し、いよいよ2ヶ月目の成果発表の時期が近づいて参りました。

3ヶ月のカリキュラム終了までラストスパート!



GINZA ONODERA鮨アカデミーでは、学校卒業後「寿司」を通じて自身の夢を実現させたい方を全力でサポートさせて頂きます!

まずはお気軽にお問合せ下さい!