MENU

facebookinstagram
facebookinstagram

学校ブログ

2017/12/13

海外での日本食需要 まめ知識

◆海外での日本食需要◆


GINZA ONODERA鮨アカデミーご興味を持って頂いた方で

「将来、海外で就職したいです!」

といった海外就職希望者が多くいらっしゃいます。

理由を聞いてみると、海外で見た寿司の人気の高さがあります。

今回は海外で寿司が人気な背景をお伝えします!

 

①日本食が海外で注目されている背景

いくつか要因はあると思いますが、例えば

・「和食」が2013年にユネスコ無形文化遺産に登録され、世界中からの関心が高まっている

・和食=ステータス、ヘルシー、キレイ

・日本への外国人観光客の増加で、本場の和食の美味しさに感動する外国人の増加

などが挙げられます。

 

②好きな和食ランキング

某TV番組で紹介された

外国人が選ぶ「好きな日本食ランキング」では

 

1位:寿司 2位:焼肉 3位:ラーメン 4位:天ぷら 5位:刺身

 

とのことです。

 

③海外の日本食店数

2006年:約2.4万店

2013年:約5.5万店

2015年:約8.9万店

2017年:約11.8万店

ここ数年、海外での日本食店の数は増加傾向!

特にアジアに関しては前回2015年の約4.5万店から2017年には約6.9万店と150%増加。

一方で、

海外で日本食店が年々増加していますが、日本人が経営しているお店は10%ほどと少数。

海外では特に「日本人がいる、本場の日本食」のお店が人気のようです。

まだまだライバルが少ない分、海外ではチャンスが広がります!

 

④海外で活躍する職人の傾向

海外では日本人の職人はまだまだ少ないので、今からチャレンジすることは

成功を掴むチャンスですが、誰でも成功するとは限りません。

海外で活躍する職人の傾向としては

 

・しっかりとした技術を持っている

・その国の文化、語学を事前に勉強している

 

は最低限必要に思います。

 

以上が大まかな「海外での日本食需要」となります!

 

GINZA ONODERA鮨アカデミーでは、国内、海外問わず卒業後のキャリアサポートも

継続してさせて頂いております!

まずはお気軽にお問合せ下さい!